よくよく考えたら、月払いの未来永劫リフレッシュ通りにきりかえたんだった

もうウィルス戦術温厚の契約変換ひとときかなあという身構えていました。
オートマティック変換だと、もしも端末を買い替えたり別のウィルス戦術温厚に入替た時に二重契約してしまいそうで不安だったので、目視変換で設定してました。
締め切りが近付くとメールで申請がくるので、そうしたらクレカ支払いで通年変換の申し込みをするわけです。
だが今年はずいぶん通告が来ません。
平年ならもう通告きてるはずなのにどうしたんだろう…とちょこっと心配になって、端末を調べてみました。
それから、プロバイダーでウィルス戦術温厚を月払い契約していたことを思い起こしたんです。
ネット上で勝手に変換もなにもかもしれくれて、価格はプロバイダー料金と共に引き落とされます。
端末を入替ても、マーク拒否.を入力してちょいと申し込みすれば、最新の状態で利用可能。
プロバイダーに加入している以上一際使い続けることができるということで、そちらに臨みたんです。
それを洗いざらい忘れてて身構えていた身(汗)
ほぼ、うっかり契約変換しそびれたんじゃなくてよかったですねど。お嬢様酵素

到底ハイスクールのサバゲーフェスティバルで潜伏一生をすることになるとは・・・

友人の強制を通じて不本意にもサバゲーに仲間入りさせられた高校生3時代の夏季。
あたいはある1つのモチベーションをしました。
今頃決戦から投げ出す背景にもいかない。
それならばサバゲーを中断に追い込むことを画策するよりも、最後まで仇の襲撃から逃げ切ることを考えた方がいい。
「(自陣点の守りなんて知るか!自軍が負けても自分がきつい情熱をすよりはマシや)」
あたいはそのモチベーションを胸に決戦旅立ちさっそくお先に見つくろっておいた場所に駆け出しました。
私の突然の目的に仇軍の先発隊は襲撃されると勘違いしたのか、身を潜めて攻撃してきません。
「(何かしらんけどこれはキッカケやな。今のうちに隠れちまおう)」
あたいは牽制の意図本に装填されているありったけの弾を仇軍に関して掃射しました。
そうしてあたいは当初の予定通りの場所に到着し、そこに潜伏することにしたのです。
予備の本は4つ。隙間時間は約6日数。
全神経を周囲の索敵に使い、息吹を潜めて日数が通り抜けるのを唯絶えず待ち受け続けたのでした。ミュゼ カウンセリング

断捨離は、効果があるらしきけれど、果してどの程度かな?

断捨離をしたら、いいことがいっぱいあるって聞いたけれど、現実らしき。
初めて、お風呂で読みたかった正規がでてきた。
クリニークのナイトクリームもでてきた。
それから、映像立てもでてきたし、
亭主がルイヴィトンを買ってもらえるって。美味しい。
もう十分だけど、入り用の注文も来た。
入り用は本心、たくさんあるんだけれどね。
でも、入り用はしたいから、人一倍やってく。
今日は、ラーメンのお日様だけれど、眠くなるから食べ過ぎない。
お商品を食べないように決める。
お商品は残しておこう。
亭主は、断捨離でウェイトが減ってた。当然。20往復もしたらしき。
まだ断捨離どうにか2お日様なのに、強い。
赤帽を頼もうとしていて浮いたマネーで、わたくしにルイヴィトンを買って受け取るらしき。
頼もしいことだなあ。
引っ越しも、当人たちで望めるかもね。
大きな荷物はないから、
断捨離の成果、どこまで出向くんだろう。ホールが片付くだろうか?
亭主はお中元、お父さんに送ってくれるっていってたけれど、大丈夫か。お金 借りる 5万

ちょっと自分がこれ程マニアックな戯画に酔いしれるは思わなかった

わたくしは、元々漫画やマンガは中学現代から隠れ家で、教育はもちろん講じるし、古典文学を掴むのも隠れ家。
も、何とか漫画といったマンガは心の癒し。
大人になって、結婚しても断ち切ることはできなかった。
ですから、エヴァンゲリオンも隠れ家だし、銀魂も贔屓だし、NARUTOも贔屓だし、ドラゴンボールなんて、全巻集めているし、
悪役の肩書きなんて根こそぎ呼べるし、中でも最高峰最強の悪役ですキャラクターには「フリーザ様」という様づけをしている。
神秘的悪役なので、なんとなくそのように呼んでしまうので、お子さんにあきれられて掛かる。
そうして、わたくしがふと間違えて録画したものが、どうしてもおもしろくて、はまったのだが、来週で最終回というのが厳しい。
そのマンガイコール漫画は「坂本ですが?」です。
ハイスクール1階層の坂本というメガネのいなせハイスクールですが、やることが、いなせで、「cool cooler coolest」というのが、
恋人の名前で、何事もクールに格好よく最上級のCOOLESTであることがコンセプトのハイスクールです。
特異ボイスも、声優さんとしては今も人気のある緑川光さんで、昔からわたくしが好きな声優さんです。
来週最終回は厳しいけれども、漫画の皆さんは連載続行中なので、続けて読んでみようという。
今まで好きなマンガや漫画のキャラクターは独自のスタンスはあったものの、ここまで「いなせ」に徹した
特異はいないと想う。
意外な漫画というマンガ掘り出しができて、少し生活に喜びを感じる。ミュゼ ハイジニーナ